自動車保険の対人賠償

自動車保険の対人賠償

事故をおこした場合に、事故の相手に支払われる保険金(賠償金)のためのものが対人賠償です。

 

対人賠償は、事故の相手の怪我や障害の治療費や慰謝料、万が一死亡させてしまった場合の賠償金請求に備えるものです。

 

保険金には上限があり契約時に設定した金額が上限となりますが、万が一相手を死亡させてしまった場合は億単位の請求が来ることも予想されますので、無制限にしておくのが安心です。

 

注意する点に、対人賠償は契約した車で他人を死傷させた場合しか補償されません。
自分の身内である父や母、配偶者、子どもを死傷させた場合は補償されませんのでご注意ください。

 

最近自宅での小さい子の巻き込み事故が増えています。
小さいお子さんは車を停止させてから降ろす、姿が確認できない場合は車を動かさないなどの配慮が必要です。